ニュース

NEWS

2019年度 寄付金に関するご報告

Date:

  • 活動レポート

2019年度の寄付金に関してご報告いたします。

2019年度は、たくさんのみなさまの心温まるレモネードスタンド活動により計4,203,089円の寄付金が集まり、企業からの寄付金8,507,184円とあわせて、全額12,710,273円を日本小児がん研究グループ(JCCG)へ寄付いたしました。

レモネードスタンドを開催してくださったみなさま、レモネードスタンドに足を運んで寄付してくださったみなさま、お一人お一人のお気持ちのお蔭です。
心より感謝いたします。
ありがとうございました。

またJCCG 理事長の足立壮一先生 (京都大学人間健康科学系専攻)を訪問し、みなさまのレモネードスタンド活動についてご報告させていただくとともに、先生からお礼のお言葉をいただきましたので、あわせてご報告いたします。

2020年度もレモネードスタンドによる小児がん支援の輪を広げていきましょう。

「JCCG理事長 足立先生より」
レモネードスタンドにご協力いただいた方々へ

皆さん、こんにちは。日本小児がん研究グループ(JCCG)理事長の足立です。
いつも、レモネードスタンド普及協会の活動に、ご協力いただき、有難うございます。
皆さんのおかげで、今年も全国からJCCGに多くの寄付をいただきました。
JCCGでは、全国の小児がん患者さんたちが、一人でも多く元気になってもらえるように、全国の患者さんの検体を集めて、様々な診断を行い、診断の残りをバイオバンクジャパン(BBJ)に保管しています。
診断や保管のためにかかる費用の一部として、皆さんの寄付を使わせていただいています。
保管した検体を使って、全国の研究者が病気の原因を調べたり、治りにくい病気を見つけて、新しい治療のお薬を作ろうと頑張っています。
JCCGは、これからも全国の小児がん患者さんやご家族を笑顔にできるように皆さんと一緒に頑張っていきたいと思います。

日本小児がん研究グループ(JCCG)
の詳細についてはこちらへ↓
https://www.lemonadestand-pa.jp/about/jccg.html