ニュース

NEWS

10/20(日)第58回東邦大学医学部・看護学部文化祭「大森祭」(東京都大田区)

Date:

  • 開催レポート

10/20(日)、東京都大田区で開催された<第58回東邦大学医学部・看護学部文化祭「大森祭」>でレモネードスタンドが開かれました。
「まずやってみよう!」の一心で、限られた時間で開催された熱意に感動しました。
子供店長さんの活躍も素晴らしいですね。

開催日時

10/20(日)

開催場所

東京都大田区大森西5丁目21-16
東邦大学看護学部

イベント

第58回東邦大学医学部・看護学部文化祭「大森祭」

団体・グループ

ひだまりの会(病気のこどもを持つ親の会)

活動写真
レシピ

基本のレシピ

味に関するお客様の感想

美味しいと言って頂けました。

工夫した点

看護学部と医学部の場所が少し離れていて、医学部の方が人が多かった為、黄色のバンダナを巻いた子ども店長達(子供は全員店長なので店長総勢4名です!)が医学部へ出張販売に行くと、お客様が足を止めたり呼び止めたりして買って下さいました。学生さん達もたくさん購入して下さいました。

難しかった点

病児の子供は途中で疲れてしまう子もいて、休みを取りながら、でも人が多い時には売りたい!というバランスが難しかった。
スタッフの数に余裕を持たせる事が必要だった。

お天気(気温)が今一読めず、当日ホットにするかアイスにするか迷って両方の準備をしたが、アイスのみの販売に終わった。少人数での活動だったので、両方の準備をするのが大変だった。

印象に残った点、良かった点

・温かい声を掛けて下さるお客さん、学生さんが多くて感動しました。
・こども店長達(小児がん・心疾患)が、大きな声で一生懸命声掛けをしたり、作ったり、提供したり・・・見守る病児の母は胸が熱くなりました。
・やってみようと思ってから実行日まで時間が1カ月しか無かった中で、医療関係者や看護学部そして学園祭実行委員の方々の温かい協力のお蔭で無事に活動する事ができました。また、かかった経費は学園祭の方で持って頂いた為、売り上げ全額を普及協会へ納める事ができました。

活動を終えて感じたこと

「まずはやってみよう!やってみたい!」の一心で活動しました。
コツを掴めたので次回はもっと上手に活動できそうです。